釧路の観光スポット

SL冬の湿原号

JR釧路駅から標茶(しべちゃ)駅間を結ぶ観光列車「SL冬の湿原号」。日本最大の湿原・釧路湿原の中をゆったりと走り、車窓からは冬の釧路湿原や、運がよければタンチョウなどの野生動物を見ることもできる。車内では、レトロな制服を

釧路川

弟子屈町の屈斜路湖から流れ出し、標茶町・釧路町などを通って太平洋へと注ぎ込む、全長154kmに及ぶ一級河川「釧路川」。釧路川はおだやかな流れで、上下流の標高差が120mほど。ゆったりと流れる釧路川からは、タンチョウやシマ

釧路マーシュ&リバー

手つかずの自然が残る釧路湿原国立公園の中をカヌーで水上散策。完全貸切のカヌーツーリングは、ゆったりとした時間を過ごせることで人気だ。季節や時間帯によって様々なプランがあり、自分にあったものをセレクトできる。雄大な景色の中

釧路市丹頂鶴自然公園

タンチョウを自然に近い状態で見られる自然公園。もともとは絶滅の危惧にあったタンチョウを保護、増殖させるために5羽のタンチョウが放飼されたことにはじまる。現在では約20羽が放飼され、1年を通してその姿を観賞できる。春はヒナ

釧路市動物園

日本最東端の動物園。道内最大規模の園内で、60種、約360個体の動物を飼育している。エゾヒグマやオオワシ、絶滅危惧種のシマフクロウなど北海道ならではの動物も数多く飼育。また、タンチョウの保護や繁殖にも力を入れており、観察

和商市場

JR釧路駅からすぐ近くに位置する和商市場。札幌二条市場や函館朝市と並んで北海道3大市場の1つにあたる。和商市場の人気グルメといえば「勝手丼」。これは好みの分量のごはんを購入し、鮮魚店をまわって好きなネタを少しずつ買っては

港文館

歌人・石川啄木が釧路に76日間滞在した当時、勤めていた旧釧路新聞社の社屋を復元した資料館。レンガ造りの建物がレトロでかわいらしい。館内には啄木が送った手紙や釧路で知り合った知人について、当時の釧路の資料を展示している。啄

釧路湿原

釧路市の北部から釧路町、鶴居村、標茶町にまたがり、その広さは東京の都心がすっぽりと入ってしまうほど。特別天然記念物に指定されているタンチョウやキタサンショウウオの貴重な生息域であり、日本で初めて水鳥の保護を目的としたラム

釧路の夕日

釧路は世界中を巡ってきた船乗りたちが、インドネシアのバリ島、フィリピンのマニラと並び、世界の3本の指に入るほど美しいと謳った夕日の街。世界三大夕日として知られ、釧路十景にも選ばれている。中でも釧路市中心部にある幣舞橋から

網走の観光スポット

網走原生牧場観光センター

眼下にオホーツク海と知床連山が広がる牧場。森林、川、湖、海など、季節ごとにオホーツクの大自然を体験する様々なロケーションを組み合わせたホーストレッキングが魅力。1月〜3月は雪景色を眺めながら流氷が浮かぶ海岸沿いを行く流氷

北の暖暖

網走にあるオーベルジュ「北の暖暖」。豊かな自然とオホーツクの旬の食材をふんだんに使った食事が自慢。ゆっくりのんびりできる網走湖畔から湧出する天然温泉は、疲れたカラダも心も癒してくれる。また、露天風呂から眺める夕日は感動の

流氷観光砕氷船おーろら

南極観測船と同様、氷の上に船首を乗り上げ、船の重みで氷を割って進む「流氷観光砕氷船おーろら」。定員は各450人で、キャビンは3層。高い位置からは流氷原を見渡すことができ、低い甲板からはダイナミックな流氷を間近に見られる。

ビジターセンター

平成30年4月にオープンした複合施設「小清水ツーリストセンター」の1階に位置し、町の観光や産業情報を発信している。パンフレットが豊富なことはもちろん、バードウォッチングやサイクリング情報、近隣のおすすめ観光スポットや花の

博物館 網走監獄

明治末期から使われていた旧網走刑務所の建築物群を移築、復原した野外歴史博物館。当時の刑務所の様子や監獄が関わった北海道開拓の歴史を学ぶことができるほかに、現在の網走刑務所の一部を再現したコーナーや当時の囚人の様子を体験で

CAFE LODGE

網走湖から車ですぐのところに位置する山小屋カフェ。パスタやピザのほかにスイーツなどのメニューも豊富です。店内にある開放的な窓からは遠くに網走湖が眺められ、春にはヤマザクラなども一緒に見られます。また、自然に囲まれたテラス

café & cake 風花

JR網走駅から車で10分。国の文化財「名勝」に指定されている天都山にあるお菓子の専門店。地元・網走産の低温殺菌牛乳や北海道産の生みたて卵などのこだわり素材を使ったお菓子はどれも絶品。地元のお客さんで賑わう店内には、何十種

Salt & Sun(ソルトアンドサン)

JR網走駅から車で5分ほどの住宅街にたたずむ、木造2階建のカフェ。天気のいい日はカウンター席やテラス席からオホーツク海が眺められる。オーナーがこだわって内装を手がけたり、インテリアをそろえたくつろぎ空間は秘密の隠れ家にし

能取岬

突端には白黒ボーダーが印象的な灯台と管理事務所があるだけで遮るものは何もない。そのため、西側には能取湖、東側には知床連山を、北側は全てオホーツク海というパノラミックな眺望が広がっている。また、例年1月下旬〜3月中旬頃には

メルヘンの丘

北見〜網走間を結ぶ国道39号沿いにあるひがし北海道屈指のフォトスポット。ゆるやかな丘陵地にたたずむカラマツの木々が目印。周辺にはじゃがいもや小麦、豆やビートといった畑が続き、それぞれの農作物が季節ごとに色づく美しい眺めが

ひがしもこと芝桜公園

大空町・藻琴山の麓にある、10haの広さを誇る公園。5月上旬〜6月上旬に見頃を迎える芝桜の名所として知られている。ピンク色の絨毯のような芝桜と、青空とのコントラストが美しいと訪れる人を魅了している。は山の傾斜に沿って一面

cafe& restaurant 360

網走・天都山にあるミュージアム「オホーツク流氷館」に入るカフェレストラン。一面ガラス張りの店内からは、オホーツク海や網走湖、能取湖、遠くに知床連山といった美しい景色が眺められる。「地元の良いもの、本当に美味しいものを食べ

リスの森

網走湖から車で6分ほど、三角屋根のログハウスのジェラート専門店。地元の契約酪農家から届く搾りたての牛乳をベースとした60種以上のフレーバー(含む季節限定)のジェラートが並び、どれにしようか目移りしてしまう。ジェラートの本

オホーツク流氷館

地下1階、地上2階建て、流氷とオホーツクの海の生き物をテーマとした施設。地下1階はクリオネをはじめとする生き物の展示やシアター、プロジェクションマッピングなどでオホーツクの自然を知ることができる。また、流氷体感テラスはマ

オホーツクシマリス公園

観察だけでも十分楽しめるが、何と言っても最大の魅力は、手渡しでの餌付け体験。軍手をつけた手に入園時にもらえるヒマワリの種を乗せると、リスの方から近づいてきて、間近でもぐもぐタイムを見ることができる。一生懸命に頬袋にエサを

北見の観光スポット

現在、制作中です。お待ちください。

阿寒湖の観光スポット

オンネトー

阿寒摩周国立公園内に位置し、雌阿寒岳の麓に広がる周囲2.5kmの湖。アイヌ語で「老いた・大きな沼」を意味する。エメラルドグリーンやダークブルーなど、季節や天候、見る角度によって色が変わることから、別名で五色沼と呼ばれてい

阿寒湖

阿寒摩周国立公園に位置する最大水深45mのカルデラ湖。特別天然記念物のマリモが生息する北海道で5番目に大きい淡水湖。温泉や遊覧船でのスポット巡りのほか、季節によって発生する大きなカルデラの地形をいかした自然現象も楽しめる

NPO法人阿寒観光協会

阿寒湖温泉街の中心に位置する観光案内所。阿寒はもちろん弟子屈・釧路などの近郊観光情報も取り扱っておりパンフレットや地図なども豊富にそろう。また季節に応じたオススメのツアーやイベントの案内も行っており、宿泊施設やアウトドア

「道の駅 あいおい」のクマヤキ

釧路〜網走を結ぶ国道240号沿いにある「道の駅 あいおい」。ここの売店で手焼きされるクマの人形焼「クマヤキ」がかわいくておいしいとSNSを中心に話題になっている。ふんわりしっとりとした生地の中身は、粒あん、豆乳クリーム、

摩周・屈斜路湖の観光スポット

屈斜路湖

阿寒摩周国立公園の中にある、周囲57㎞、面積79.7㎢の日本最大のカルデラ湖。阿蘇カルデラ(熊本県)よりも大きく、そのスケールは世界屈指の規模を誇る。2月から3月上旬には、淡水湖としては最大規模となる湖の氷結も。気温の変

摩周湖

世界一級の透明度を誇るカルデラ湖。最深部が約211mと深く、湖面がサファイアブルーに輝きを放つのは、透明度が高い湖ならではの現象。湖を覆い隠す濃い霧は神秘的で美しく、「霧の摩周湖」と言われるほど。湖の南部にはアイヌ語で「

ツーリズムてしかが

摩周湖・屈斜路湖周辺で楽しめ自然ガイドツアーを年中開催している「ツーリズムてしかが」。専門のガイドスタッフが同行し、夜空いっぱいの星空や降り注ぐような天の川などが見られる「摩周湖星紀行」や美しい冬の風景が眺められる「霧氷

釧路川

弟子屈町の屈斜路湖から流れ出し、標茶町・釧路町などを通って太平洋へと注ぎ込む、全長154kmに及ぶ一級河川「釧路川」。釧路川はおだやかな流れで、上下流の標高差が120mほど。ゆったりと流れる釧路川からは、タンチョウやシマ

ヘイゼルグラウスマナー

自然あふれるロケーションのなかにたたずむ英国風ホテル「ヘイゼルグラウスマナー」。乗馬やカヌーなどの北海道らしい自然を満喫しながら、ゆったりとした時間を過ごせるホテル。オーナー自らが欧米で買い付けた家具や優しく体を暖めてく

ワッカヌプリ

ワッカヌプリ わっかぬぷり 屈斜路湖畔にたたずむ1日1組限定、一棟貸し切りの宿。客室やラウンジ、温泉からは雄大な屈斜路湖や藻琴山が眺められる。和・洋室それぞれに源泉掛け流しの温泉が備えられ、好きな時に何度でも湯浴みを満喫

美幌峠

屈斜路カルデラの外輪山にある標高約525mの峠。展望台からは日本最大のカルデラ湖・屈斜路湖や今も噴煙を上げる硫黄山、摩周岳や斜里岳までを一望できる。圧倒的パノラマが広がることから、「天下の絶景」とも謳われている。また、晴

川湯温泉街の「霧氷」

霧が発生し、−15度以下の風のない早朝に発生することがある「霧氷」。木々に細やかに付着する真っ白な氷は、まさに自然によるアート。冷え切った空気の中で霧氷を眺めた後は川湯温泉へ。全国的にも珍しい「源泉100%かけ流し」宣言

森のホール

JR川湯温泉駅の目の前にあるカフェ。昭和初期の建物をリノベーションし、どこか懐かしい空気が流れる。スイーツの販売スペースには北海道産素材を使った手作りのケーキや、焼き菓子などが並ぶ。天井が高く広々としたカフェスペースでは

根室・中標津の観光スポット

知床らうすリンクル

知床羅臼のガイドツアー。10人乗りの小型ボートで行く「知床岬ヒグマボートクルーズ」や、羅臼の森・川・自然を巡る「熊越の滝リバーウォーク」をはじめ、2月~6月まで実施する「海鮮ランチ付きのウニの殻割り体験」、「羅臼漁港市場

知床ダイビング企画

知床半島羅臼町を拠点とするダイビングサービス。インストラクターは長年、知床羅臼の海を撮影し続ける写真家。羅臼は国後島を望むとても豊か海で、フォト派ダイバーにもおすすめ。知床半島東側の羅臼町に流氷が到達する2月~3月中旬に

尾岱沼

北海道内・外から多くの観光客が訪れる「尾岱沼(おだいとう)」。日本最東端の温泉地であり、別海町北東部の漁業集落でもある。おだやかな野付湾の風景が楽しめ、北海シマエビやホタテなどの海の幸が豊富で、その海の幸を使った海鮮グル

湯宿だいいち

野鳥の森と渓流のせせらぎに抱かれた温泉郷「湯宿だいいち」。創業昭和4(1929)年の老舗宿。100%掛け流しの温泉と、清流の脇を流れる露天風呂が自慢。いろりのあるロビーでは、到着後すぐにウェルカムドリンクがいただける嬉し

花咲岬

根室半島の南側にある花咲岬。遊歩道を進むと日本の灯台50選に選ばれた赤と白のツートンカラーに四角いフォルムが印象的な花咲灯台が見えてくる。さらに奥には、「車石」と呼ばれる車輪のような形をした6メートルにも及ぶ珍しい岩があ

cafe mille feuille

別海町出身のパティシエが、フランスや東京での経験を経てオープンされたカフェ。ジェラートやメレンゲなど、全てがオーナーパティシエの手作り。地元素材にこだわり作るケーキは絶品。テイクアウトもできる。 cafe mille f

ONUKI COFFEE ROASTERY

中標津にあるコーヒー専門店「ONUKI COFFEE ROASTERY」。オリジナルブレンドをはじめとする豆が買えるほか、カフェスペースで軽食もいただける。朝はトーストにサラダ、ゆで卵、コーヒーがついたモーニングセットが

野付半島の氷平線

野付半島は全長26km日本最大の砂の半島で、冬になると半島の内側の野付湾が結氷しどこまでも続く海が、氷の地平線へと形を変える。近年では、「死ぬまでに行きたい世界の絶景~新日本編」で紹介され、遠近法を使ったトリック写真が撮

CAFE TRUNK

別海町にあるカフェ。ふわふわなパンケーキと昔ながらのサイフォンで淹れる珈琲が絶品。パンケーキは生クリームたっぷりのスイーツ系から、お食事系のパンケーキなども揃えており種類も豊富。サイフォンで抽出する自家焙煎珈琲との相性も

エクハシおせんべcafe

根室っ子ならみんな知ってるオランダ煎餅。お煎餅といいつつ柔らかいのが特徴。オランダ煎餅手焼き体験もできる。オランダ煎餅以外にも根室の特産品も販売しているので、おみやげスポットにもぜひ! エクハシおせんべcafe(えくはし

知床雑貨カフェ cho-e-maru

「知床ネイチャークルーズ」の事務所向かいにある雑貨屋さん。店名の「cho-e-maru」は、店主のお父さんが漁業経営者だった頃に、船頭として操船していた漁船が由来とのこと。羅臼沖で見られるクジラやシャチをモチーフにしたオ

春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンター

平成7年にオープンした根室市が運営する春国岱の自然環境保全と環境教育的活用をするための施設。ネイチャーセンターでは、レンジャーと呼ばれる自然専門職員がおり、春国岱で見られる野鳥などの動植物やおすすめの散策路の説明をしてく

風蓮湖・春国岱

春国岱(しゅんくにたい)は、風蓮湖と根室湾を隔てる砂州のことであり、海岸、草原、湿原、森林、干潟など多様な環境が存在することから、多くの生き物のすみかとなっている。これまでに、約260種の野鳥が記録されており、タンチョウ

ki.no.ie(キノイエ)

中標津町にある小さな日用雑貨店。大通りから一本裏道を入ったアパートの一室を改装した店構え。暮らしに寄り添う雑貨をテーマにセレクトされ、取り扱い商品は食器やカトラリー、リネン、文房具、食品など多岐に渡る。ジャンルごとにセン

Boschette(ボスケット)

日本最東端である納沙布岬へ向かう途中にある一軒家のイタリアン。木のぬくもりがあたたかい店内からは、戦争遺構のトーチカと太平洋を望む。地元の食材をふんだんに使うメニューの中でもひときわ目を引くのが「蟹のトマトクリームスパゲ

道の駅 知床・らうす

国道335号沿い、羅臼町の中心部に位置する道の駅。目の前には根室海峡と北方領土・国後島が、後ろには羅臼岳がそびえている。建物の中央部には四季折々のイベントや風景など羅臼の1年が流れる大型モニターを設置。左右の建物にはその

3匹の子ぶたの家

風蓮湖へ向かう道道475号線、通称「ハマナスロード」沿いにある「3匹の子ぶたの家」。海と原生花園に挟まれたまっすぐな道路を進んでいくと現れる3軒の家。この小屋は古い番屋(漁の作業場)だが、まるでおとぎ話に出てきそうなメル

oncafe(オンカフェ)

別海町の市街地、バスターミナル隣に位置するかわいらしいカフェ。ゆったりとくつろげる空間と、地元の人からも人気を集める。店内では地元・別海や北海道の素材をたっぷりと使った「きのことひき肉のラグーご飯」や「レモンバターケーキ

知床ネイチャークルーズ

知床半島の東海岸・羅臼沖で、マッコウクジラやシャチ、イシイルカといった海洋動物と出会えるクルーズツアーを主催。元漁師であるベテランキャプテンによるガイドも必聴!クジラがエサを獲る時に発する音や潮吹きの角度といったサインを

斜里・ウトロの観光スポット

シンラ

知床五湖ガイドウォークやフレペの滝 ガイドウォークをはじめ、ヒグマウォッチングやホエールウォッチングといった観光船とコラボしたセットプランなど、知床半島の海と山と川をフィールドにツアーを実施。産卵で故郷の知床の川に返って

知床サイクリングサポート

知床をフィールドに初心者から上級者まで対応したサイクリングツアーを実施。オシンコシンの滝やカムイワッカの滝をガイド付きで巡るツアーのほか、標高740mの峠を車で上り、自転車で下るという知床峠ダウンヒルツアーでは体力に自信

知床アルパ

世界自然遺産知床や阿寒摩周国立公園の豊かな自然を余すことなく伝えるプロのネイチャーガイド。春から秋にかけては知床を代表する景勝地の知床五湖を巡るトレッキングのツアーや、冬の流氷シーズンには知床の海でトレッキングとカヤック

ホテル清さと

斜里岳の麓にあるオーベルジュ「ホテル清さと」。地産地消にこだわる旬の素材をふんだんに使った贅沢なフレンチ仕立てのコース料理と源泉100%掛け流しの天然温泉が楽しめる。1階の客室は全て開放感のある専用露天風呂がつき、夜は満

知床ネイチャーオフィス

知床ネイチャーオフィスは、知床の自然を見つめる自然ガイドとして年中通して世界遺産である知床を案内している。知床の大自然を感じられる種類豊富な自然体験プログラムで国内外問わず人気を集めている。春〜秋には、知床五湖を一周でき

ラーメン波飛沫

ミシュランガイドに掲載されたラーメン店。豚骨ベースではあるもののあっさりとした味わいのラーメンは、塩・しょうゆ・味噌の3種の味から選べる。豚の頬肉を使ったトロチャーシューメンは一番人気で、店内の窓からはオホーツク海が眺め

清里焼酎醸造所

知床半島の麓に位置する清里町の名産「清里焼酎」の醸造所。国内では珍しい町営の醸造所で日本で初めて、じゃがいもを原料にした焼酎を作ったことで有名だ。小さな酒蔵ではあるものの手造りの仕込みとじっくり時間をかけた貯蔵熟成で高品

オシンコシンの滝

「日本の滝100選」に選ばれた斜里とウトロを結ぶ国道334号沿いにある知床半島最大の滝。オシンコシンはアイヌ語で『川尻にエゾマツが群生しているもの』という言葉を意味し、水しぶきをあげながら岩肌をすべるように流れ落ちる。ま

知床峠

ウトロと羅臼を結ぶ知床横断道路の頂上で、標高738mの峠。日本百名山に選ばれた羅臼岳が目の前に広がり、残雪が7月下旬頃まで見られる。また天候が良い日には遠くに国後島を望むことができるが、冬季期間は積雪のため知床横断道路が

天に続く道

知床半島の北側の付け根、国道244・334号からつながる全長約18kmの直線道路。まるで道の先が天へと続くように見え、走り抜けると爽快感でいっぱいに。近くには道路やオホーツク海、田畑といった絶景を見渡せる展望台もある。ま

きよさと情報交流施設「きよ~る」

観光案内や売店、カフェ、キッズスペース、授乳室を備える施設。売店には「清里焼酎醸造所」で作られるじゃがいも焼酎をはじめとする商品の試飲もOK。カフェでは、清里産小麦を使ったうどんや軽食、ソフトクリームなどが味わえる。 き

道の駅 うとろ・シリエトク

国道334号沿い、知床の玄関口に位置している。漁師の番屋風の建物が目印だ。メイン施設であるセンターハウスではスタッフが常駐する観光案内所や情報コーナー、売店、地元グルメが味わえるレストランなどが入る。旬の鮮魚はもちろんの

帯広・十勝の観光スポット

十勝牧場

明治43年に種馬牧場として創設。めん羊、肉用牛、乳用牛など家畜の改良業務が行われている。面積4092haの広大な敷地には、高台に牧場展望台(冬季は閉鎖)があり、晴れた日には日高山脈や十勝平野などを一望する。周囲はテレビド

オンネトー

阿寒摩周国立公園内に位置し、雌阿寒岳の麓に広がる周囲2.5kmの湖。アイヌ語で「老いた・大きな沼」を意味する。エメラルドグリーンやダークブルーなど、季節や天候、見る角度によって色が変わることから、別名で五色沼と呼ばれてい

しかりべつ湖コタン

北海道で一番高い位置にある然別湖が完全に凍ったとき、雪と氷でできた幻の村(コタン)が湖の上に現れる。これが「しかりべつ湖コタン」だ。湖から切り出した透明度の高い氷を使って作られたアイスバーやアイスチャペルの美しさは言葉に

スノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド

幌尻岳の麓に開けたオートキャンプ場「スノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド」。ほどよく木立ちに囲まれたキャンピンググランドで、心地よい時間を過ごせる。一年中営業しているので、夏だけでなく冬キャンプも楽しめると話題に。

マッシングワークス

10km以上のロングトレイルが楽しめる犬ぞりツアーを実施する「マッシングワークス」。どこまでも真っ白な世界が広がる十勝平野の大雪原を風のように駆け抜ける爽快感が最高に気持ちいい。出発前に、ガイドから犬ぞりの操作ポイントや

農場ピクニック

日本で唯一、畑の中を案内するガイドツアー。普段は入ることができない畑の中を専門の畑ガイドの解説を聞きながら、お散歩ができる。最後には、見学した場所で作物を美味しくいただける。ツアーは選べる2プランで、もぎたて作物などが食

ばんえい十勝

最大体重1トンもの馬が、重りをのせ500kg以上もの重量になる鉄そりを曳き、2つの障害(坂)がある直線200mのコースを走るパワフルな競馬。開拓時代の農耕に欠かせなかった馬が現代のレースへと受け継がれ、北海道遺産に認定さ

ジュエリーアイス

冬に豊頃町の大津海岸では十勝川が氷結し、太平洋に流れ出た氷が波にもまれて、十勝川河口の大津海岸に打ち上げられる自然現象を見ることができる。ジュエリーアイスと呼ばれ、海岸に点在する大小様々な氷が陽の光を浴びてキラキラと光り

ハルニレの木

豊頃町、十勝川の河川敷にたたずむハルニレの木。枝を左右に大きく広げたシルエットが特徴的なこの木は、最初は2本の木が寄り添い、一体化したもの。春から夏は新緑が茂る様子が、秋は葉を落としどこかもの寂しい雰囲気が、冬は真っ白に

元祖豚丼のぱんちょう

帯広の名物といえば豚丼。その豚丼の発祥店とされる「元祖豚丼のぱんちょう」は帯広駅前に店を構える老舗。創業者がうなぎ丼風の丼を、戦前の帯広では食用に家庭でも飼われていた豚で再現したことにはじまる。適度に脂がのったやわらかな

タウシュベツ橋梁

糠平湖に架かる長さ130mのコンクリートアーチ橋。かつて十勝を縦断するように走っていた国鉄士幌線の鉄道遺産である。現在はダムの水が少ない1月ごろから凍った湖上に姿を現し、水位が上昇する5月ごろから沈み始め、夏頃には湖に沈