3分でわかる

“冬のひがし北海道の魅力”

この冬の旅行先にひがし北海道が候補にあがっている人にお伝えしたい“ひがし北海道の魅力”。
いろいろなサイトに分散している情報の概要をここでひとまとめにしてみました。
Winter is the only way to
Eastern-Hokkaido.

冬こそ 、
ひがし北海道へ

ひがし北海道とは、北海道の東側の部分のことを指し、北海道の面積の約4割を占める広大な地域です。冬のひがし北海道では、北海道らしい一面真っ白な銀世界や流氷観光が楽しめるほかに、ひがし北海道ならではの大自然を感じられるアクティビティが豊富です。さらに、期間限定の冬季イベントや様々な気象条件が揃わなければ見られない冬の奇跡が生み出す絶景との出会いは、ひがし北海道だからこそ出会える景色ともいえるでしょう。
また、立ち姿が美しいタンチョウや絶滅危惧種にもなっているオオワシやオジロワシといった野鳥が見られる場所でもあり、ひがし北海道には毎年全国、全世界から一度写真に収めようとカメラマンが集まります。また旅の醍醐味でもあるグルメでは、地元の食材を使った地域限定のローカルグルメなどが堪能できます。100%掛け流しの川湯温泉やしかりべつ湖コタン(冬季イベント)時に現れる絶景露天風呂などもおすすめです。

こんな冬の絶景が見られます

冬のひがし北海道には、どこまでも続くような美しい銀世界が広がっています。ときには、二度と出会うことのない一生に一度の景色にも出会えることがあります。その凛とした空気のなかにある美しい景色に誰もが見惚れることでしょう。厳しい気候のなかで自然が作り出す絶景に、ひがし北海道で出会いませんか。

流氷

海が氷で埋め尽くされる神秘的な光景
運が良ければ、流氷の上にいるアザラシにも出会えるかも。

四角い太陽

自然の神秘を感じる蜃気楼がもたる自然現象
四角以外にも帆立貝の形などの太陽も見られる。

摩周湖の樹氷

氷点下で過冷却された霧が樹木に付着し
一気に凍結して結晶化する自然現象。

ジュエリーアイス

海岸に点在する氷が陽の光を浴びてキラキラと光る。
まるで宝石のような美しい輝きを見せる。

ピンクに染まる霧氷

普段は真っ白なベールに包まれている霧氷。
朝焼け時にはピンク色に染まる。

川湯温泉の霧氷

木々に細やかに付着する真っ白な氷
−15度以下の風のない早朝にしか見られない自然のアート。

阿寒湖の
フロストフラワー

早朝にだけ見られる冬に咲く美しい華。
凍りついた湖の上で水蒸気が花のように結晶する。

釧路の夕日

世界の3本の指に入るほど美しいと謳った釧路の夕日
特に幣舞橋から見る夕日は格別

ハルニレの木

2本の木が寄り添い、一体化した木。
冬には真っ白に雪化粧した光景が見られる

野付半島の氷平線

冬になると海が結氷し、氷の地平線へと形を変える。
360度パノラマの氷の景色を楽しもう。

摩周湖の氷結

日本一の透明度を誇る摩周湖
凍らない湖と言われているが、厳冬期には氷結することも。

御神渡り

バリバリと音を立ててせり上がる造形が神秘的
寒暖差の大きい屈斜路湖ならではの現象。

ダイヤモンドダスト

よく晴れた寒い朝にしか見られない小さな氷の結晶。
。太陽の光でキラキラと光る。

オオワシ

世界的にも希少なオオワシが冬鳥として飛来。
日本最大級の猛禽類の迫力を感じられる絶好の機会。

けあらし

水面に立ち上がる霧が湯気のように見える自然現象。
特に冷え込んだ冬の早朝に見られる。

メルヘンの丘

一面の雪原が広がる銀世界。
フォトジェニックなスポットとして古くから有名。

しぶき氷

波しぶきを浴びた樹木に冷たい北風が吹きつけ、
氷点下で少しずつツララ状の氷になる自然現象。

エゾシカ

北海道にだけ生息しているニホンジカ。
オスの体重は140kgを超えるものも。

こんな冬のアクティビティが
あります

ひがし北海道で楽しめる冬のアクティビティは、北海道らしい手つかずの大自然をカラダいっぱいに感じられるものがたくさんです。真っ白な世界を堪能できる雪上アクティビィや、流氷で遊べる流氷アクティビティなど、ここでしかできない体験メニューが豊富です。自分好みのアクティビティで、思いっきり遊んでみませんか。

流氷ダイビング

知床羅臼の流氷を水中から見上げて観察するダイビング。
一般的なダイビングとはひと味違った自然の神秘を体感できる。

氷平線ウォーク

まるでウユニ塩湖!?
一面真っ白に凍った海の上を歩けるウォークツアー。

雪上サイクリング

真冬の景色を楽しめるサイクリング。
体力などのレベルに合わせてコースも選べる。

真冬のキャンプ

美しい銀世界を堪能できる冬キャンプ。
夜は美しい星空や焚火も楽しめる。

流氷ボートクルーズ

10人乗りの小型ボートで行く、知床羅臼流氷クルージング。
オオワシやオジロワシなどの動物に出会えるかも。

湖上ウォークツアー

美しい景色もスノーシューも両方楽しめるツアー。
地元ガイドが案内してくれるから安心して楽しめる。

流氷ファットバイク

流氷を眺めながら浜辺を走る。
極太タイヤだから雪上走行もできるし、安定感も抜群。

知床五湖スノーシューイング

凛とした空気の中、冬の知床五湖を楽しめる。
厳しくも美しい冬の「知床」を感じることができるツアー。

流氷ウォーク®︎

流氷が押し寄せるオホーツク海を探検。
氷の上で寝そべったり、氷と一体になって戯れることができる。

流氷ウォーク&カヤック

日々変わる流氷の上をトレッキング。
条件が良かったら流氷の中でカヤックもできる。

犬ぞりツアー

全長約10kmのロングトレイル。
スピード感溢れる走りに何度も体験したくなる。

流氷乗馬

雪景色の中や流氷がある海岸沿いをホーストレッキング。
冬のオホーツクの自然を満喫。

こんな冬のグルメが味わえます

ひがし北海道は、とても広いこともありそれぞれの地域で、おすすめのご当地グルメが異なります。港町では鮮魚を使ったグルメが有名であったり、酪農地帯では乳製品を使ったグルメが豊富であったり、地域の特性を活かしたひがし北海道のローカルグルメはどれも絶品です。B級グルメや旬の魚を使った海鮮料理、スイーツなど、また冬にしか食べられない期間限定料理など美味しいものがたくさんです。ぜひ、お腹いっぱいに満たされてみてはいかがでしょうか。

スパカツ

cafe& restaurant 360

Salt & Sun

北見焼肉

Boschette

森のホール

いなか家 源平

Osteria Felice

流氷ドラフト

クマヤキ

café & cake 風花

車が運転できなくても
心配いりません

車(レンタカー)移動のイメージが強いひがし北海道ですが、JRや都市間を繋ぐ便利なバス、タクシーも豊富です。雪道が怖かったり、普段運転に慣れていなく車の運転に不安がある人も、公共交通機関を利用すれば安心で楽しい旅ができます。ここでは、特に冬におすすめなバスを紹介します。

ひがし北海道エクスプレスバス

ひがし北海道にある空港と観光地や宿泊施設をを結ぶバス。全部で8ルートあり、24時間オンライン予約・決算ができる。
詳細はこちら

ひがし北海道周遊観光バス

札幌と主要都市を結ぶ都市間バス。ノースライナーとサウスライナーがあり、効率的に観光地を立ち寄れる。
詳細はこちら

JR

札幌などからひがし北海道へ、さらにひがし北海道内の主要都市を結ぶ。JR根室本線(花咲線)、釧網本線、石北本線がある。
詳細はこちら

エアポートバス

空港と都市を結ぶバス。知床エアポートライナー、阿寒エアポートライナー、スイーツライナー、十勝ミルキーライナーなど。
詳細はこちら

路線バス

それぞれのエリア内を巡回したり、エリア間を結んでいる。運行本数が多くない路線があるので、事前に情報収集をしておこう。

観光タクシー

時間を自由に使え、好きなところをまわれるタクシー。タクシー会社では、観光専用のプランを用意しているところも。

冬のひがし北海道の
旅の拠点はこちらです

ひがし北海道を旅するのに、旅の拠点としておすすめしている7都市です。とても広い北海道だから、行きたい場所にあわせて拠点場所を決めるのが◎

さあ、冬のひがし北海道へ
出かけましょう

魅力たっぷりの冬のひがし北海道。目を奪われるほどの美しい景色や大自然を体いっぱいに感じられるアクティビティ、地元民おすすめの絶品グルメなど、思いもよらない出会いが、ひがし北海道にはあるかもしれません。あなただけの特別な旅をひがし北海道でしてみませんか。