3分でわかる

“夏のひがし北海道の魅力”

この夏の旅行先にひがし北海道が候補にあがっている人にお伝えしたい“ひがし北海道の魅力”。
いろいろなサイトに分散している情報の概要をここでひとまとめにしてみました。
Summer is the only way to
Eastern-Hokkaido.

夏は、
ひがし北海道へ

ひがし北海道とは、北海道の東側の部分のことを指し、北海道の面積の約4割を占める広大な地域です。ひがし北海道の夏は湿度が低く、涼しい気候なため避暑地としても人気があります。また、広大な敷地に広がる美しい花畑や北海道らしい畑や牧場風景は目を引くものがあり、ドライブやサイクリングもおすすめです。さらに自然を活かしたアクティビティや、野生動植物との出会いもあります。
広大な面積を持つひがし北海道は、海の幸、山の幸など種類に富んだ食がたくさんです。また、夏限定グルメや地元産のミルクで作ったジェラートなど夏ならではのひんやりスイーツもあり飽きさせません。大自然の中でのアクティビティや美味しい食、涼しい風が吹く中でのドライブやサイクリングなど、ひがし北海道らしい過ごし方が堪能できます。この夏は、涼しいひがし北海道で過ごしませんか?

こんな夏の絶景が見られます

広大な敷地に広がる美しい花畑や手つかずのまま残る大自然など、ひがし北海道には、美しい景色がたくさんです。
湿度が低く、過ごしやすい気候の中で大自然を感じませんか。

天に続く道

国道244・334号からつながる全長約18kmの直線道路。まるで道の先が天へと続くように見え、走り抜けると爽快感でいっぱいに。

釧路湿原

手つかずの自然が残る、釧路湿原。お手軽な散策から全身で味わうアクティビティまで、楽しみ方がいろいろ。豊かな水の香りに包まれて、心も体もリフレッシュ。

ウシュベツ川橋梁

旧国鉄士幌線で使用されていたコンクリートアーチ橋梁。ダム建設で水没した橋で、四季折々で見せる姿が変わる。

摩周ブルー

世界一級の透明度を誇るカルデラ湖。最深部が約211mと深く、湖面がサファイアブルーに輝きを放つのは、透明度が高い湖なため。

世界自然遺産の絶景

世界自然遺産登録の地「知床」。エゾマツやトドマツが生い茂る手つかずの大自然が残り、絶滅危惧種などを含む野生動物が住む場所。

十勝千年の森

本場英国のガーデンデザイナーズ協会の審査で最優秀賞に選ばれた「アースガーデン」やなど様々なテーマのガーデンが展開する。

雲海

朝日に照らされ摩周湖や屈斜路湖にかかるシルクのような雲海が大変美しく、その姿を一目見ようと全世界から人々が訪れる。

ピンクの花畑

一面ピンク色に染まる花畑が眺められる。10haの園地に15万株のフロックスが咲き乱れる。網走らしいホタテの貝殻を敷きめた遊歩道も人気だ。

トドワラ

「やがて消失する土地」と言われている野付半島。海水に侵食されたトドマツの立ち枯れた神秘的な姿が見られる。夏は可憐な花々が咲き誇る。

ワッカ原生花園

300種類以上の草花が咲く海浜植物の一大群生地。オホーツク海とサロマ湖をわける長い砂州には、美しい花々が季節によって咲き乱れる。

絵になるアートスポット

自然と調和するアートスポット。花や緑が美しいガーデン、おしゃれなギャラリー。まるで異国の世界へ迷い込んだような気分に浸れる。

ピアソン記念館

美しい緑に囲まれた、北見市最古の洋館。大正から昭和初期にかけて、宣教活動に従事したピアソン夫妻の私邸を復元。

阿寒湖

国の特別天然記念物「マリモ」を育む阿寒湖。丸々とした美しい形のマリモや阿寒湖の大自然を間近で見られる遊覧船など楽しみ方はたくさん。

夕陽台

名前にあるとおり夕陽の名所として知られる。空が赤くなり、太陽が沈んでいく美しい夕暮れはもちろん、昼間の景色も美しい。

神の子池

摩周湖の伏流水(雪解け水の産物)から生まれたと言われている池。水温が年間を通して8℃に保たれている。

シマリス

網走湖畔にあるオホーツクシマリス公園では30匹ほどのリスが放し飼いに。どの子も人懐っこく、すぐ近くまで寄ってきてくれる。

SNS映えフォトスポット

SNS映えも狙えるフォトスポットがたくさん。彩豊かな花畑やトリックアート写真、北海道らしい広大な風景などが見られる。

パノラマ風景

森林や自然が織りなす波を打つ丘陵、広大な牧草地、美しい地平線が眼下にどこまでも続く。北海道の広さを目の当たりできる。

こんな夏のアクティビティが
あります

夏のアクティビティは、豊かな自然を使ったものやひがし北海道ならではな動物と触れ合えるものなど、体を使ったアクティビティがたくさんです。
また、運動が苦手なインドア派さんでも楽しめる、のんびりリラックスがメインな癒しアクティビティもあるので、要チェック!

カムイルミナ

夜の阿寒摩周国立公園の森を舞台にユーカラ(アイヌ叙事詩)に基づいた物語を体験するナイトウォークプログラム。2019年7月5日(金)からスタート。

馬車BAR

輓馬ムサシコマが力強く2階建馬車を曳く馬車BAR。NUPKAオリジナルの地ビールや十勝産素材のおつまみがいただける。普段は乗れない馬車でのんびりお酒タイム。

釧路湿原カヌー

聞こえてくるのはカヌーを漕ぐ水音と野生動物の声のみ。カヌーで行く釧路湿原の旅は、最も湿原が身近に感じられる釧路川下流を進む。

どさんこ牧ツアー

愛らしいどさんこに囲まれるツアー。広大な牧場内のトレッキングを楽しみつつ、自然放牧される70頭ほどの馬に出会える。途中、牧場内での軽食タイムも。

ベア・マウンテン

緑豊かなサホロの森の一部をフェンスで囲い、エリア内で暮らすヒグマを間近に観察できる。森の中を走るベアウォッチングバスならヒグマにも超至近距離で接近できる。

ナイトウォッチング

専門スタッフと共に車で移動しながら夜の闇、山の音、夜空を体感できる。満月の夜は月明かりが強く、星は見えないものの湖面に“月の道”が出現することも。

丘と畑の早朝ウォーク

温根湯温泉の美しい景色を地元ガイドが案内する早朝散歩ツアー。眩しい朝の光を感じながら、広大な畑やカラマツなどが茂る林の中を散策できる。

牧場散策ツアー

早起きして牧場を訪ねる「牧場散策ツアー」。酪農家が行う牛たちへの餌やり、搾乳、清掃など、牛乳が我々消費者に届けられるまでの最初の段階が観られる。

屈斜路湖・雲海ガイドツアー

津別峠展望台から早朝に、雲海を望むガイドツアー。運が良ければ朝焼けに染まる雲海も観れるかも。幻想的な風景に心奪われる。

ノルディック・ウォーク

通常ウオーキングの1.5倍以上の運動効率といわれるノルディック・ウオーク。2本のポールを持って阿寒湖の自然散策へでかけよう。ボッケやスキー場コースがある。

釧路川源流カヌー

屈斜路湖から続く釧路川を下る。力がいらず、子どもや女性でも手軽にできる釧路川カヌー。周囲の森が反射し鏡のように水面に映されることから「鏡の間」が見どころ。

カーリング体験

初心者でも楽しめるインストラクター付のカーリング体験プログラム。専用の道具はレンタル(有料)できるので、気軽に楽しめる。

湖畔ピクニック

然別湖畔温泉ホテル風水「星空キャンプ」プランのオプションで申し込める「湖畔ピクニック」。暖かい日差しの中、レイクビューとおいしい朝食を満喫できる。

果物狩り

自分の手でもぎ取るのが楽しい果物狩り。サクランボやプラム、プルーン、梨など、100種ほどのフルーツが揃い、季節ごとに様々な味覚狩りが楽しめる。

森林セラピー®︎

癒しの効果が科学的に認められる森として認定を受けている「ノンノの森」で実施される森林浴。科学的ストレスチェックをしてから行うので、効果の程度を確認できる。

くしろ湿原ノロッコ号

釧路~塘路間を走る観光列車。片道約1時間かけてゆっくりと湿原の中を進む。釧網本線は一部釧路川に沿うよう線路が敷設されており、ダイナミックな景観が堪能できる。

摩周湖ホーストレッキング

川湯温泉から摩周湖までの壮大な道のりを乗馬体験できる。馬に乗ってでしか行けない草原や険しい坂道などを進み、摩周湖が一望できる展望台へ向かう。

ハーブスチーム浴体験

自社農園で栽培した、13種類のハーブを贅沢にブレンドしたハーブミストを全身で浴びられる。オーガニックハーブの心地よい香りで、ココロもカラダもリラックス。

こんな夏のグルメが味わえます

ひがし北海道は、とても広いこともありそれぞれの地域ごとで、おすすめグルメが異なります。魚介や乳製品を使ったものをはじめ、
旬の食材を用いた北海道のローカルグルメはどれも絶品です。またB級グルメやスイーツなども豊富です。心ゆくまで食事を楽しんで。

ひんやりスイーツ

ファームレストラン

チーズ料理

北見焼肉

福司(地酒)

スイーツ

鹿肉料理

そばラーメン

カフェごはん

海の幸

白花豆

スパカツ

車が運転できなくても
心配いりません

車(レンタカー)移動のイメージが強いひがし北海道ですが、JRや都市間を繋ぐ便利なバス、タクシーも豊富です。
普段運転に慣れていなく車の運転に不安がある人も、公共交通機関を利用すれば安心で楽しい旅ができます。

ひがし北海道ネイチャーパス

釧路~網走を結ぶJR線「釧網本線」と、知床、摩周湖・屈斜路湖、網走市内観光地を走るバスに乗ることができる便利なパス!
詳細はこちら

JR

札幌などからひがし北海道へ、さらにひがし北海道内の主要都市を結ぶ。JR根室本線(花咲線)、釧網本線、石北本線がある。
詳細はこちら

エアポートバス

空港と都市を結ぶバス。知床エアポートライナー、阿寒エアポートライナー、スイーツライナー、十勝ミルキーライナーなど。
詳細はこちら

路線バス

それぞれのエリア内を巡回したり、エリア間を結んでいる。運行本数が多くない路線があるので、事前に情報収集をしておこう。

観光タクシー

時間を自由に使え、好きなところをまわれるタクシー。タクシー会社では、観光専用のプランを用意しているところも。

夏のひがし北海道の
旅の拠点はこちらです

ひがし北海道を旅するのに、旅の拠点としておすすめしている7都市です。

とても広い北海道だから、行きたい場所にあわせて拠点場所を決めるのが◎

さあ、夏のひがし北海道へ
出かけましょう

美しい景色や大自然、アクティビティ、おいしい料理、思いもよらない素敵な出会いなど

魅力たっぷりの夏のひがし北海道で、あなただけの特別な旅をしませんか。