EASTERN TRIP

非日常な世界を体感できる
釧路の街と釧路湿原で楽しむ春景色

少しずつ温かい日差しを感じる日々が多くなってきました。春を楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。寒かった冬が終わり、ひがし北海道にもぽかぽかとした陽気を感じる春がやってきました。今回も春イチオシのひがし北海道エリアをご紹介。太平洋側の港町「釧路」の春景色をチェックしよう!

釧路ってこんなところ!

大自然と幻想的な霧が美しい町

ひがし北海道の太平洋側に位置する「釧路」。市街地から車で40分ほどの場所に、日本最大の湿原「釧路湿原」があり、気軽にアウトドアを楽しめる町としても人気を集めている。また春先からは、気温が温かくなることもあり、霧が町全体を覆うような幻想的な光景が見られる。詳細はこちら
Information
釧路までの交通機関は、ひがし北海道トラベルラボでチェックしよう!

レトロかわいい釧路の街であそぼう

昔ながらの港町の風情が残る
釧路発祥の地、米町を歩く

瓦葺の2階建ての店舗と住宅を兼ねた町屋造り

漁業を始め、林業、馬産地などを背景に道東経済の中心として賑わってきた釧路。米町地区は釧路発祥の地であり、かつては石川啄木も通った遊郭や料亭が建ち並んでいた。そんな当時の面影が残る米町地区をのんびり散歩してみるのはいかが? 当時、石川啄木が働いていた釧路新聞社を復元した「港文館」や、明治44年から変わらず営業している老舗の餅菓子店「成田餅菓子店」、釧路最古の古民家「米町ふるさと館」など見所がたくさんだ。また、ちょっと一息つけるおしゃれな飲食店なども揃う。

釧路における啄木資料が約200点並ぶ
1番人気は豆大福
2018年にオープンしたバーガーショップ

地元産食材が生み出す
釧路の絶品スイーツを味わう

懐かしい味わいの手作りカスタードプリンがアクセント、プレミアムプリンパフェ。

食べ歩きができるお手軽スイーツやまったりできるカフェスイーツなど、釧路にはスイーツ専門店がたくさんある。釧路市内には老舗の和菓子店が多く、だんごや大福など売り切れ必至の看板商品を持つお店もあり、釧路のスイーツは昔から市民に愛されている。近年ではミルクなどの素材を使った洋菓子店も増加しており、釧路のスイーツが注目されている。食べ歩きも、カフェでまったりスイーツも、どちらも心のままに堪能してみては? 甘いものが大好きな人は、チェックしてみよう! 

甘さ控えめな優しい味わいの定番たいやき
根釧牛乳とコッコロたまごを使ったシフォンケーキ
濃厚クリームに、ぱりぱりのキャラメリゼ

地元ならではの地酒と食を味わう

女性に好まれる甘めの「大吟醸」

旅先でのお楽しみといえば、やっぱり地元グルメと地酒。釧路の地酒として、よく知られている「福司」は、大正8年から変わらず酒造りを行っている釧路唯一の酒蔵だ。豊かな湿原でろ過された伏流水で仕込まれ、主に北海道産米を原料に作られている。ひがし北海道の食材に合う日本酒が多く揃い、釧路市内の料理店でも福司が味わえるお店がたくさんだ。釧路に来たからには、ぜひ福司と一緒に、地元ならではの海鮮料理をはじめとする絶品料理を味わってみて!

「吟香造り」は、新十津川の吟風で醸された華やかな香りでフルーティーな味わい
刺身盛り合わせ(時価)は3品盛りから注文できる。福司「海霧」と相性◎
ヨーグルト風味の「みなニコリ」は、カクテルのような甘い日本酒。

ここにしかない一瞬を探して
カメラを持って釧路さんぽ

幣舞橋から眺める「世界三大夕日」

フォトジェニックスポットが多くあり、写真好きな女子の間で密かに人気を集めている釧路。人気の世界三大夕日の一つとして称される幣舞橋からの夕日はもちろん、繁華街のレンガ畳に泳ぐ銀シャケのようなポイントアートや、ガス灯がけぶるような幻想的なリバーサイドなど、異国情緒あふれる街並みは写真好きにはたまらない風景だ。また、自分好みにカスタマイズできる勝手丼や彩りきれいなカクテルなど、写真に納めたくなるグルメもたくさん。ここでしか出会えないオリジナルフォトで思い出を残そう!

焼酎や福司などを使った「釧路カクテル4種」
好きな海鮮を満足いくまで盛りつけられる
日暮れ後のマジックアワーも見所

日本のロンドン
 ロマンチックな霧と光のイルミネーション

夕日スポットとして人気のある幣舞橋が、2019年春から新たな夜景スポットにもなる予定だ。LEDを用いた大規模なライトアップで、釧路の街並みが色鮮やかに照らされる。気温が少しずつ暖かくなり始める春など、霧の発生しやすい時期には、イギリス・ロンドンのような霧と光が作る幻想的な景観も楽しめるかも。

  • 幣舞橋
  • 釧路市北大通1丁目
  • 0154-31-1993(釧路観光コンベンション協会)
  • 見学自由
  • JR釧路駅から徒歩10分

春の訪れを感じる
釧路湿原で遊ぼう

春の訪れを感じる手つかずの大自然の中で、
リラックスカヌー

エゾヤマザクラは例年5月中旬頃に見頃を迎えている

釧路のアクティビティとして男女問わず人気のある釧路湿原カヌー。ガイドが優しくサポートしてくれるので、はじめての人でも緊張せずに楽しめる。野生動物や植物との距離が近く、ダイナミックな景色が見られる。特に、エゾヤマザクラが見頃を迎える春先は、特別美しい景色が楽しめそうだ。鳥のさえずりや穏やかな水の音などの自然の声にも耳を傾け、心ゆくままにリラックスしよう。ありのままの大自然をより近くで感じたい人におすすめ。

  • 釧路マーシュ&リバー
  • 釧路町トリトウシ88-5
  • 0154-23-7116 / 080-6070-0946
  • 8:00〜19:00
  • 不定休
  • カヌーツーリング9000円(2名以上で申し込みの場合。ガイド、カヌー用具一式)、損傷保険500円別途
  • コースによる異なるので要問い合わせ
完全貸切カヌーなので、プライベートな時間を存分に楽しめる
朝の優しい光に包まれるモーニングカヌーもおすすめ
運がよければ、雲がかかったような幻想的な景色に出会えることも

ゆったり運転が魅力
 湿原の見所が詰まった観光列車

1号車は自由席、2〜4号車は指定席の4列編成。ボックス席やテーブルのついた指定席がおすすめ。

4月下旬より運行が始まる期間限定の観光列車「ノロッコ号」。車では行くことのできない湿原の奥地が眺められ、リーズナブルな価格と駆け抜ける爽快感が気持ちいいと観光客に人気だ。また、 見所のフォトスポットを通り過ぎる時は、スピードを落としてゆっくりと見られる時間を作ってくれるといった嬉しいサービスもあり、運が良ければ野生動物も見られるとのこと。列車限定のグッズやお土産なども揃う。

  • くしろ湿原ノロッコ号
  • 釧路市北大通14丁目5(釧路駅)
  • 011-222-7111(JR北海道電話案内センター/6:30〜22:00)
  • 4月下旬〜10月上旬(運行日は要確認)
  • 期間中不定休
  • 釧路~塘路間(片道)540円、釧路〜細岡間(片道)450円、指定席は別途520円 ※金額・運行日等は2018年実績
細岡駅から塘路駅の間は、特にビューポイントが多い
運が良ければ、窓からタンチョウの姿も見られるかも
思いがけず野生動物に出会えることもあるので、カメラの準備は忘れずに!

突如現れるユニークモンスターを発見 春の湿原ウォーク

バリアフリー木道が歩きやすい

春、温根内木道コースを歩きはじめると、突如不思議な形の群衆が目に入る。まるでRPGゲームに出てくるモンスターのような形のこの植物は、「カブスゲ」というスゲ類の一種だ。冬の凍結で株ごと地面から盛り上がり、春の雪溶け水によって根元がえぐられることで形成されるそう。この不思議な見た目のヤチボウズは、見る時期で見た目も大きく異なり、見る人を楽しませてくれる。この春は、釧路湿原のユニークモンスターことヤチボウズを探す旅に出てみては?
写真提供:温根内ビジターセンター

  • 温根内木道
  • 鶴居村温根内
  • 0154-65-2323(温根内ビジターセンター)
  • 4月~10月は9:00~17:00、11月~3月は9:00~16:00(温根内ビジターセンター)
  • 火曜休
  • 見学無料
  • JR釧路駅から車で40分
4月のヤチボウズ
モヒカンヘアのような5月のヤチボウズ
ガイドマップなどが揃う温根内ビジターセンター

幻想的な世界へ まるでサバンナ?霧の釧路湿原

太陽の光で、霧が晴れていく姿が幻想的だ

定番の釧路湿原とは異なる姿が見たいという人におすすめなのが、早朝の釧路湿原だ。朝焼けで赤く染まる広大な自然のパノラマが美しいのはもちろん、よく冷え込んだ朝は霧が発生しやすいこともあり、サバンナのような霧に包まれた景色が見られることがある。湿原を包むような霧が太陽の光で、少しずつ晴れて行く情景は一度は見たい景色だ。釧路湿原でドラマチックな朝を迎えよう。

  • 釧路市湿原展望台
  • 釧路市北斗6-11
  • 0154-56-2424
  • 8:30〜17:30(散策路は散策自由)
  • 無休
  • 展望台入場料470円
  • JR釧路駅から車で40分
  • サテライト展望台は、釧路市湿原展望台すぐ横の散策路から徒歩で20分

春のひがし北海道トリップ

春は見所が盛りだくさん!
花巡りと旬グルメを堪能

豊かな森と湖のくに
大自然と一体になれる体験旅

※掲載の内容は2019年2〜3月現在のものです。内容が変更になる場合がありますので、事前にご確認ください。

釧路エリアの現地ツアー&体験予約

ひがし北海道自然美への道DMOが運営する「ひがし北海道トラベルラボ」では、各エリアでの移動・宿泊・体験などがセットになった現地ツアーや、エリアならではの体験が予約できます。
https://easthokkaido.com
おすすめ特集