祝 再オープン!
あっかんべえ〜のアイスはやっぱりおいしかった

|阿寒|グルメ|夏|

更新日:2019年8月9日

ひがし北海道に数あるアイス店ですが、おすすめはどこ?と聞くと必ずといっていいほどその名が上がる「あっかんべえ〜」。リニューアルオープンを経てさらにパワーアップした人気店に阿寒へのドライブがてらお邪魔してきました!

国道240号、牛にあっかんべーされたら迷わず入店を!

阿寒と釧路を結ぶ国道240号沿い。

阿寒方面へと向かった時、右手側に牛が「べぇ〜」とあっかんべーする看板が見えてきます。

ここはソフト&アイスクリームが人気の「あっかんべえ〜」。

数あるひがし北海道のアイス店でも地元っ子が「ここはおいしい!」と推す率がとても高いお店です。

2017年に惜しまれつつ閉店したものの、現オーナーが建物やレシピ、牛乳の仕入先をそのまま引き継いで再スタートを切ったそうです。

ジェラートやプリンは店舗内の工房で製造

赤い屋根がかわいいお店の扉を開けると、、ポップな壁がお出迎え。

レジ前にはジェラートが並ぶショーケースに、プリンや飲むヨーグルトまで。夏にはシャーベットも登場するのだそう!

これらメニューは全て、お店奥の工房で作られています。

よく見ると、レジ奥の小窓からスタッフさんが作業されている様子もちらり。。

大人気!生乳の香りをチョイス

14種ほどあるジェラートの中からオススメをうかがうと、ダントツで「生乳の香り」が人気なのだとか。

こちらと一緒にストロベリーをワッフルコーンでいただきました。(ダブル、400円)

こちらのコーン、なんと4種の形状またはカップから選ぶことができます。

フリルのように広がったローレル、メープルコーン、ココアワッフルコーン、そしてワッフルコーン、紙カップとよりどりみどり。

気になるお味は牛乳のやさしい風味を感じつつ、甘すぎず、ほどよい口どけです。

近隣の牧場から届く牛乳がいい仕事をしています。

牧場気分なテイクアウトも♪

ポップな店内でのイートインもいいですが、トラクターが飾られ、緑が美しいお外でテイクアウトもおすすめです!

東屋やベンチが設置されているので、風を感じながら気持ちよ〜くいただけますよ。

阿寒・釧路へのドライブ途中にぜひ立ち寄ってみてください。
ちなみに、、以前サイトでも取材させてもらった釧路の「ソフトクリームの店G-Seven」はあっかんべえ〜の姉妹店。

釧路で遊んだら、こちらも要チェックです☟

あっかんべえ〜 阿寒本店

  • 釧路市阿寒町38線37-4
  • 0154-68-5188
  • 5〜10月の10:00~16:00
  • 期間中火曜
  • あっかんべぇ〜ソフト300円、ジェラートシングル300円・ダブル400円
  • JR大楽毛駅から車で47分
  • 公式サイト
※内容は2019年8月現在のものです。
内容が変更になる場合がありますので、事前にご確認ください。
最新の特集
釧路の観光スポット

釧路水族館 ぷくぷく

釧路水族館 ぷくぷく くしろすいぞくかんぷくぷく 2018年にオープンしたばかりの釧路発の水族館。高さ8mの巨大水槽やイワシの大群コーナー、ロマンチックなクラゲコーナー、魚と触れ合えるタッチプールなど水槽は全部で21個。
Read More »

JR花咲線

JR花咲線 じぇいあーるはなさきせん 赤いラインが特徴の「キハ54」を中心に利用している花咲線。JR根室本線の釧路駅から根室駅の間につけられた愛称で、森林、湿原地帯、海岸線などダイナミックな風景が車窓から楽しめる路線だ。
Read More »

道の駅 阿寒丹頂の里

道の駅 阿寒丹頂の里 みちのえき あかんたんちょうのさと 釧路中心部から阿寒湖温泉方面に向かう国道240号沿いにある道の駅 阿寒丹頂の里。メイン施設であるクレインズテラスにはタンチョウをモチーフにしたおみやげ品が豊富に揃
Read More »

くしろ湿原ノロッコ号

くしろ湿原ノロッコ号 くしろしつげんのろっこごう 釧路~塘路間を走る観光列車。片道約1時間かけてゆっくりと湿原の中を進む。釧網本線は一部釧路川に沿うよう線路が敷設されており、ダイナミックな景観が堪能できる。岩保木水門や釧
Read More »

温根内木道

温根内木道 おんねないもくどう 約1時間かけて釧路湿原の上を1周できる木道。さえぎるものはなく、広がるのは青々と茂る草花と空だけ。エリアによって植生が違い、ミズゴケ湿原やハンノキ林など湿原の多様性を間近で感じられる。夏期
Read More »