釧路にジョイパックチキンが帰ってきた!
長く愛されている魅力に迫る

|釧路|グルメ|通年

更新日:2019年8月2日

釧路で35年以上愛され続けているジョイパックチキンの「カレーチキン」。
昨年11月、テナントのオーナー変更のため閉店を余儀なくされてしまったのですが、今年6月に移転再オープンして復活!!
釧路市民が待ち望んでいた味の魅力に迫ってみました。

ジョイパックチキンの「カレーチキン」は釧路発祥

昭和55年(1980年)に釧路市で創業したジョイパックチキンでは、「若鶏半身あげ」や「塩チキン」を販売していました。

創業から2年ほど経った頃、ジョイパックチキンを運営するスーパーヒロセの現副社長である廣瀬正幸さんが「老若男女に愛される味を」と開発したのが「カレーチキン」です。

 

昨年11月に惜しまれながら閉店した後、今年6月7日に釧路市芦野5丁目で移転再オープンを遂げたジョイパックチキン 芦野本店。再オープンして2〜3週間経った頃に伺ったのですが、お持ち帰りで家族分を購入していくお客様が続々と来店していました。やはり釧路市民に愛されているのですね!

優しい味わいで家族みんなが笑顔に

さて、早速揚げたての「カレーチキン」を食べてみましょう!

 

・・・や、優しい〜。ジューシーな肉汁が堪らない〜。もっと、スパイス感溢れる味を想像していたのですが、なんとまぁ優しいカレー味なのです。優しいながらもしっかりとコクのあるカレーの味わいと鶏肉の旨味が感じられる一品。これは、家族みんなが笑顔になりますね!

 

「カレーチキン」はもちろんのこと、数量限定(予約不可)で販売している「若鶏半身あげ」897円と「塩チキン」5ピース入り940円も午前中で売り切れてしまうほどの人気なのだそう。完全手作業のため提供できる数に限りがあり、売り切れ次第閉店となっていますが「カレーチキン」は予約OKなのでご安心を。

サイドメニューも見逃せない!ポテトは選べる3種類

ポテトは太ポテト、細ポテト、ワッフルポテトと3種類揃えています。店舗オリジナル配合の塩コショウのほか、チリ&レモン、チーズ&ペッパーの中からお好みのスパイスが選べるのも嬉しい!

ワッフルポテトは外がサクサク、中はもっちりとしていてクセになる味わいです。「カレーチキン」とポテト、炭酸飲料の組み合わせは・・・最強ですね!


広々としていて、wi-fiも完備されているので店内で食事を楽しむのもおすすめですよ。

長く地域に親しまれている「カレーチキン」、釧路市民でなくともクセになること間違いなしです!

ジョイパックチキン 芦野本店

  • 釧路市芦野5-1-6
  • 0154-35-9744
  • 10:00~19:00(売り切れ次第閉店)
  • 不定休
  • カレーチキン1ピース238円
  • JR釧路駅から車で15分、くしろバス「芦野2丁目」バス停留所から徒歩約5分


※内容は2019年7月現在のものです。内容が変更になる場合がありますので、事前にご確認ください。

最新の特集
釧路の観光スポット

釧路水族館 ぷくぷく

釧路水族館 ぷくぷく くしろすいぞくかんぷくぷく 2018年にオープンしたばかりの釧路発の水族館。高さ8mの巨大水槽やイワシの大群コーナー、ロマンチックなクラゲコーナー、魚と触れ合えるタッチプールなど水槽は全部で21個。
Read More »

JR花咲線

JR花咲線 じぇいあーるはなさきせん 赤いラインが特徴の「キハ54」を中心に利用している花咲線。JR根室本線の釧路駅から根室駅の間につけられた愛称で、森林、湿原地帯、海岸線などダイナミックな風景が車窓から楽しめる路線だ。
Read More »

道の駅 阿寒丹頂の里

道の駅 阿寒丹頂の里 みちのえき あかんたんちょうのさと 釧路中心部から阿寒湖温泉方面に向かう国道240号沿いにある道の駅 阿寒丹頂の里。メイン施設であるクレインズテラスにはタンチョウをモチーフにしたおみやげ品が豊富に揃
Read More »

くしろ湿原ノロッコ号

くしろ湿原ノロッコ号 くしろしつげんのろっこごう 釧路~塘路間を走る観光列車。片道約1時間かけてゆっくりと湿原の中を進む。釧網本線は一部釧路川に沿うよう線路が敷設されており、ダイナミックな景観が堪能できる。岩保木水門や釧
Read More »

温根内木道

温根内木道 おんねないもくどう 約1時間かけて釧路湿原の上を1周できる木道。さえぎるものはなく、広がるのは青々と茂る草花と空だけ。エリアによって植生が違い、ミズゴケ湿原やハンノキ林など湿原の多様性を間近で感じられる。夏期
Read More »