釧路の名橋・幣舞橋(ぬさまいばし)が
ライトアップスタート!

|釧路|見どころ|通年|

更新日:2019年4月26日

釧路の名橋であり、街ナカの見所・幣舞橋(ぬさまいばし)。
2019年春よりLEDライトで美しく照らされることになりました。
なんと40以上ものライトアップパターンが用意されているということで、
歴史ある橋が新たな“映え”スポットになると期待を集めています!

釧路っ子も注目!この春、生まれ変わった名橋

「釧路の名スポット・幣舞橋がこの春からライトアップしてきれいになったんですよ〜!」

と情報を寄せてくれたのは、釧路でバスガイドを務める千田 春加さん。
なんでも3月30日に行われた点灯式にも参加されたそうで、新たに生まれ変わった様子の写真をたくさん提供いただいたので、ここでご紹介!
釧路女子 千田 春加さん

その前に、幣舞橋とは…?

幣舞橋。まずなんと読んでいいのかわからない人も多いのでは!?
よみは「ぬさまいばし」、
釧路川河口付近に架かる全長124mの橋です。
橋の上には春夏秋冬を表現した“四季の像”が設置されています。
“世界三大夕日”と言われている釧路の夕日スポットとしても有名です。
幾度かの倒壊という悲しい出来事を経て、現在の橋は5代目。
昭和51年から架かっています。

歴史ある橋が現代技術で照らされる!

さて、そんな静かにたたずむ5代目・幣舞橋に2019年春、大きなできごとが!
世界基準のLEDライトを48基で照らされることになったのです。
その配色パターンはなんと42種!
通常は電燈色が用いられますが、「世界自閉症啓発DAY」にはブルー、
秋の「釧路大漁どんぱく」は花火をイメージした赤色に、
と社会催事や地域イベントに合わせた色合いで照らされます。

今回、このページで紹介している写真は、
全て千田さんによって3月30日に開催された点灯式の時に撮影されたもの。
この点灯式では全パターンが一挙お披露目されていました!

釧路の新たなフォトスポットになること必須!

ライトアップは日没30分後ごろから日付が変わる頃まで毎日行われます。
詳しいライトアップ開始時刻は「釧路・阿寒湖観光公式サイト」にて紹介されているので、チェックしてみてくださいね。

美しく照らされた名橋は写真映えも約束してくれるはず!
幣舞橋は釧路の歓楽街・末広町からも近いので、夜遊び前に立ち寄ってみては?

幣舞橋(ぬさまいばし)

※内容は2019年4月現在のものです。
内容が変更になる場合がありますので、事前にご確認ください。
最新の特集
釧路の観光スポット

釧路水族館 ぷくぷく

釧路水族館 ぷくぷく くしろすいぞくかんぷくぷく 2018年にオープンしたばかりの釧路発の水族館。高さ8mの巨大水槽やイワシの大群コーナー、ロマンチックなクラゲコーナー、魚と触れ合えるタッチプールなど水槽は全部で21個。
Read More »

JR花咲線

JR花咲線 じぇいあーるはなさきせん 赤いラインが特徴の「キハ54」を中心に利用している花咲線。JR根室本線の釧路駅から根室駅の間につけられた愛称で、森林、湿原地帯、海岸線などダイナミックな風景が車窓から楽しめる路線だ。
Read More »

道の駅 阿寒丹頂の里

道の駅 阿寒丹頂の里 みちのえき あかんたんちょうのさと 釧路中心部から阿寒湖温泉方面に向かう国道240号沿いにある道の駅 阿寒丹頂の里。メイン施設であるクレインズテラスにはタンチョウをモチーフにしたおみやげ品が豊富に揃
Read More »

くしろ湿原ノロッコ号

くしろ湿原ノロッコ号 くしろしつげんのろっこごう 釧路~塘路間を走る観光列車。片道約1時間かけてゆっくりと湿原の中を進む。釧網本線は一部釧路川に沿うよう線路が敷設されており、ダイナミックな景観が堪能できる。岩保木水門や釧
Read More »

温根内木道

温根内木道 おんねないもくどう 約1時間かけて釧路湿原の上を1周できる木道。さえぎるものはなく、広がるのは青々と茂る草花と空だけ。エリアによって植生が違い、ミズゴケ湿原やハンノキ林など湿原の多様性を間近で感じられる。夏期
Read More »